各パイプの種類によって発生しやすい水のトラブルが異なる

各パイプの種類によって発生しやすい水のトラブルが異なる 水のトラブルの一つとして、パイプの破損などによる水漏れが挙げられます。この水周りにおけるパイプには、いくつか種類があります。パイプの種類によって、発生しやすい水のトラブルも変わってきます。

■熱に注意が必要な塩化ビニル管

自宅や賃貸物件などの水周りで使用しているパイプの多くは、塩化ビニル管を使用しています。塩化ビニル管の特性として、ほとんど錆びる心配がありません。耐食性・耐薬品性にも優れていますので、害虫からの腐食や、日常生活で使用する洗剤やシャンプーなどの薬品の汚れを防ぐ役割があります。軽量で施工性にも優れていますから、業者において水周りのパイプの設置・販売の際には利用されやすいです。
塩化ビニル管は、熱によって伸縮します。例えば、夏の暑い日にパイプが膨張して伸びますが、元に戻らずパイプが反り破損に繋がる事例があります。パイプがむき出しになっている場合は、遮熱シートを被せておくなどの対策が必要です。料理などで排水口に熱湯を流すときも、同様の事象が起こることがあります。排水口に熱湯を流すときは、水も一緒に流すようにして、パイプ内に流れる水の温度を下げるようにすると膨張を防ぐことが可能です。

■銅が素材のパイプ
銅を素材として製造されている銅管やポリエチレン粉体ライニング銅管もあります。
銅管は抗菌性に優れていますが、ピンホールといった局所的な腐食が比較的発生しやすい素材です。明確な原因は不明ですが、さまざまな条件やきっかけがマッチした時に起こると考えられています。銅管を使用している場合は腐食から漏水などの水のトラブルに発展する恐れがありますので、業者による定期的なメンテナンスをおすすめします。
ポリエチレン粉体ライニング銅管は水道給水だけではなく、空気冷却水の水道管としても使用されています。耐寒性能に優れていて、使用可能温度はマイナス30度から40度までです。ただし、熱に対する耐久性がないので、給湯管としての使用はできません。また、耐熱性がないので、パイプの凍結時は蒸気解氷器あるいは熱湯で溶かしていきますが、この際に注意が必要です。

■高価格だが性能が良いパイプ

耐久性・耐食性が群を抜いてすぐれているのが、ステンレス管です。塩化ビニル管はおおむね25年が寿命であるのに対し、ステンレス製の場合は40年です。そのため、大きなトラブルが無ければ長期にわたって使用することができます。近年では、その優れた性能により、多くの公共施設で使用されています。しかし、性能は塩化ビニル管よりも優れている分相応に費用がかかりますので、これから家を建てるなどの場合は、予め各種類と比べた場合のシミュレーションをすることによって、判断することをおすすめします。
他にも合成樹脂管もあり、架橋ポリエチレンタイプとポリブデンタイプの2種類があります。架橋ポリエチレンタイプは、曲がりやすいので施工性が良く、錆びることもほぼありません。また、耐熱性や耐寒性にも優れています。使用可能温度は0度から95度と幅が広いので、水とお湯の両方で使用ができます。日本の国家標準の一つであるJIS規格にも定められているほどの性能は良いですが、こちらも価格は相応に高いです。

■まとめ
日常生活場面で使用する水周りのパイプは、おおむね塩化ビニル管が使用されています。価格が抑えられることと、施工性に優れている点が大きな要因です。性能・耐用年数が他の種類のパイプと比べて若干劣るところはあります。しかし、定期的な清掃や点検のカバーによって補うことができます。逆に、定期的な清掃や点検を怠ることにより、劣化やパイプの膨張に気づかず、水のトラブルが起こる可能性もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース